営業

営業

SCROLL
第二事業部第五部/ビッキー営業
Tomona Nishitani
2013年入社。販売スタッフとして三宮OPAのビッキーに配属。3年目に本社勤務へと異動し、ビッキーのVMDに携わる。5年目にはビッキーの営業となり、現在も活躍中。仕事に対するモットーは「ON、OFFをきっちりつけること」。

CAREER

1
年目

販売未経験から接客のプロへ
接客の楽しさを知る

販売経験のなかった私が、接客をすることは当初、不安ばかりでした。しかし、お客様と出会い、一緒にお洋服を選ばせていただく中で、接客することの楽しさを感じることができました。お客様はもちろん、先輩や同期に支えられた毎日でした。
3
年目

販売スタッフから本社へ異動
VMDとして店舗のレイアウトを担当

ビッキーのVMDへと職種異動。販売スタッフ時代とはまた違った目線で「見やすく、選びやすく、買いやすい」快適な売場環境を作るVMD(ビジュアル マーチャン ダイジング)担当に。ブランドのコンセプトやイメージを表現しつつ、売上に繋がるレイアウト作りの難しさと楽しさを学びました。
5
年目

VMDから営業に
さらなる成長を目指す

5年目には、VMDから営業に職種が変わりました。これまで担当していたVMDとしての業務に加え、運営戦力や商品企画など、携わる業務がさらに増え、やりがいを感じています。販売スタッフのころから携わっている「VICKY」の営業ということで、店頭に立っていた経験が今でも役立っています。

STORY

売上に関わる
責任感のある仕事
売上に関わる責任感のある仕事売上に関わる責任感のある仕事

戦略や企画、
さまざまな角度から商品に携わる

売れる商品をデザイナーや企画と共に考え、「どのように販売するか」といった販売方法を考えたり、実際にお店のレイアウトを行なったりと、ひとことで営業と言っても仕事内容は多岐に渡ります。その分、さまざまな角度から商品に携わることができるので、いろいろなことにチャレンジしたい人に向いていると思います。自らが携わったお洋服が店頭に並び、お客様に喜んでいただいている顔を見るのは、とても喜びを感じます。数字が関わってくる部署なので、大変なこともたくさんありますが、担当店舗の売上が上がった時には、とてもうれしくやりがいを感じます。

自分の動き方次第で、店舗の売上が変わってくるので責任重大です。状況確認やレイアウト変更の際、各店舗を訪れるのでスケジュール帳は手放せません。

自分次第で
ステップアップ
オンとオフのメリハリを大切にオンとオフのメリハリを大切に

販売スタッフの経験を
営業に活かす

販売スタッフを経験できたことは、現在営業として働く上で、とても役に立っています。営業としてお店をサポートするなかで「どのようにすれば、お店のスタッフが働きやすいのか?」ということを常に考えながら仕事をしています。販売スタッフから本社業務への異動も可能なJAVAだからこそ、当時の経験を上手に活かして仕事をすることができるんです。新たな環境へ飛び込むのは、迷いもありましたが、「チャレンジしたい」と思いVMDに携わるようになったことは今でも覚えています。自分次第でさまざまなことにチャレンジできるのもJAVAの魅力だと思います。

DAY OFF

スライド
スライド
スライド

オフの日は

仕事も全力ですが、お休みの日も全力で楽しみます! おいしいものが大好きで、人気のお店や新しいお店ができると友人と出かけています。旅行も好きなので、2カ月に1回は海外や国内のステキな所へ出向きリフレッシュしています。